工学院大学附属中学校・高等学校

Fabスペ ース

2018年4月、図書館内に新しくオープンした「Fab(ファブ)スペース」。
3Dプリンターやプログラミングなど、デジタルテクノロジーを駆使したものづくりを通して、生徒たちの「自ら学ぶ力」を育む場として注目されています。
Fabスペースでは、外部講師によるプログラミング講座やワークショップが定期開催され、生徒たちが自由な発想でものづくりに取り組める環境が整っています。
「情報収集の場」である図書館に「情報活用」を促すFabスペースを設置したことで、より深い学びのサイクルが生まれているのです。
図書館はいま、本校の理念である『THINK,MAKE,SHARE』を実践する新たな拠点として、大きな進化を遂げています。

Fabスペースとは?

「一般的な意味でのFabスペースは、デジタル工作機械を使ったものづくりスペースと理解されています。しかし、本校のFabスペースは、単にデジタルものづくりを行う場所ではありません。収集した情報や学んだ知識を、目で見て触れられる形にアウトプットすること。そうやって試行錯誤を繰り返しながら、学びを頭の中だけでなく深いレベルで身体化していくことが重要なのです。
図書館は総合的な学びをサポートする場所です。そこにFabスペースを取り入れる意義は、このような“学びのエコシステム”の構築にあるのです」
(Fabスペース設立を発案した司書教諭・有山裕美子先生)

Fabスペースの特色

学びのプロセス全体をサポートする空間

デジタル機器を配置するだけでなく、プレゼンテーション等に活用できる大型モニターや可動式ボードも完備。生徒同士が共に学び合い、豊かな発想を生み出す場づくりにも配慮しています。 

映像制作による「学びのアウトプット」

本校ではFabスペースを活用した映像制作にも取り組んでいます。2018年2月には、中学2年生のグループによる映像作品が米国の映像祭でファイナリストに選ばれる栄誉に輝きました。

3Dプリンター導入で、アイデアを形に

スペース内には、小型で扱いやすい3Dプリンター『ダヴィンチJr.』を4台設置。また、館内で利用できるコンピュータのほか、貸出用のノート型パソコンやiPadも多数備えています。

ものづくりを軸とした多様な学び

アクティブラーニングを軸とした「21世紀型教育」を実践する本校では、ものづくりによる多様な学びを重視。ロボット組み立てキットや電子部品を使った作品制作にも取り組んでいます。

外部と連携したプログラミング教育

専門知識を持つ外部講師によるプログラミング講座も定期開催。数学や物理の授業で学んだことを、プログラミングによって実践することで、より深い学びにつなげる機会を提供しています。

電子書籍を読む、つくる

新たに導入された電子図書館サービスにより、洋書を含む多様な書籍へのアクセスが可能になりました。また、ICT教育の一環として電子書籍コンテンツを制作する取り組みも始まっています。