工学院大学附属中学校・高等学校

高校

2019/11/14

附属高校1年生、国連本部でのPSGFF2019授賞式に出席

2019年11月6日、ニューヨーク国際連合本部で、Peace in the Streets Global Film Festival 2019(略称:PSGFF2019)授賞式が開催され、附属高校1年生6人が出席しました。

同映画祭は、Peace Maker Corpsがニューヨークで20年にわたって続けており、iHeart Media、 Adobe、Tube filter、STREAMY AWARDSなどが協賛しています。

附属高校が出品した作品「Where Does Peace Come From」は、中国出身の生徒と日本出身の生徒(ともに、ハイブリッド・インターナショナルコース1年)が、互いの考えを率直に表現する議論シーンから成る内容で、「平和は一人ひとりの心から来る」と結んでいます。国同士は関係が危惧される状況でも、個人間の繋がりを拡大し、平和の使徒になろうとする生徒の思いが伝わる映像です。今回の受賞は、日中関係を通して平和について考えた内容が評価されました。
国際連合本部1階メインロビーSputnik Loungeで、生徒たちはメディアによる取材を受け、授賞式のスピーチでは、会場から大きな拍手を受けました。

制作生徒(作品エンドロール掲載順):
汪兴睿、钱婕卉、罗一鸣、裴泽旭、木下 隼、飛川 優

制作作品:
https://www.youtube.com/watch?v=SH-JuzOUbM0