高校インターナショナルコース

International Course

グローバルな人材を養成するコースです。世界で活躍するための 英語力と思考力を育てます。

国際的な活動に不可欠なのは、コミュニケーション手段としての英語力です。それゆえ英語の授業ではCNNのニュース映像や有名な文学作品を素材として、英語で質の高い思考や対話ができるレベルまで到達します。英語で学ぶイマージョン教育を数学・理科・社会の一部でも行うこと、10人超のネイテイプの教員が授業外でも積極的に生徒とコミュニケートすることなど、学内で自然に英語力が磨かれていく環境を確保しています。

POINT

世界を変える思考力と社会貢献活動を伸ばす

このコースには、英語イマージョンによる「哲学」や「中国語」の授業があります。哲学の授業では、さまざまな問題や状況を採りあげて英語で討論を行う中で、多様な考え方があることを学びます。またグローバルな人材が具えるべき「社会貢献の意思」を養うためMoGを必修としています。こうした取り組みを通じ、生徒たちには「世界を変える」マインドが養われます。

海外大学合格実績(2019~2021年度入試)

Lakeland University / Baylor University / Michigan State University / Oregon State University / Rutgers University / Syracuse University / UMass Amherst / University of Alabama at Birmingham / University of California, Davis / University of East Anglia / University of Exeter / Temple University / University of Maryland

卒業生の声

高いレベルの英語力をキープできました
小3から中3までオランダで過ごしました。オランダの学校で行われた工学院の学校説明会で先生から話を聞き、ここなら日本に帰っても楽しい学校生活が送れそうだと思い入学を決めました。インターナショナルコースは結束力が強く、本当に皆仲良し。勉強にも遊びにも全力投球できた3年間でした。また、レベルの高い英語教育のおかげで英語力もしっかりキープできました。大学ではもともと興味があった日本文化をより深く学びます。なかでも英語で日本文化を学び、国内外の学生たちと意見交換する授業が楽しみ。そしてゆくゆくはまた海外に出て、海外から日本を支える仕事がしたいと思っています。
早稲田大学文化構想学部 進学 高久 駿也さん
哲学やMOGで学んだ多様な考え方の重要性
インターナショナルコースに在籍し、中国、アメリカ、オランダ、バングラデシュに住んでいた生徒や、海外経験のある仲間に囲まれることによって、多様な文化を知り、海外での経験に基づく考えを知ることができました。高2の冬にグローバルプロジェクトのMoGで行ったカンボジアでは、スラム街の女性の雇用問題に着手している社会起業家をサポートすることで、自分自身が考えていた・見ていた「世界」がどれだけ狭く、歪んだものだったかに気づくことができました。週1回英語で行われる哲学の授業では、偏見やステレオタイプに固執しないで物事を多面的に考えられる哲学的思考力が身に付きました。
立教大学文学部文学科 進学 浅見 幸佑さん