高校文理コース

Arts and Science Course

幅広く学び、なりたい自分を見つけるコースです。勉強も学校生活も全力で取り組みます。

勉強と学校生活を両立し、着実に大学進学を目指すコースです。1年ではバランスよく基礎重視で学び、知識を深めていきます。2年では「理系クラス」「文系クラス」に分かれ、さらに多彩な学習経験を積み重ねます。同時に、課外活動や行事などを通じて、思考力、課題発見解決能力、コミュニケーション能力などを磨き、社会的な資質を身につけていきます。

POINT

希望進路の決定を多面的にサポート

普段の授業はもちろん探究論文やGlobal Projectなどさまざまな学びの中から、自分が好きなことや将来につながる専門分野が見つかっていきます。ICTの客観的なデータも活用し、教員のサポートを受けて、それを進路目標へと具体化していきます。高大接続型入試で工学院大学に合格した上で、他大学にチャレンジすることも可能。一人ひとりの進路目標の実現に向けてバックアップしていきます。

第一希望を目指す受験指導

3年では大学入試に向けた演習を多く取り入れ、第1志望合格をめざし、各クラスで高い目標を掲げて勉強に取り組んでいきます。大学入試では総合型入試や学校推薦型入試の割合も増え、知識だけでなく社会性や思考力も必要になってきています。プロジェクト重視の授業でプレゼンを繰り返すことによって、多様な入試の形態にも自信を持って取り組んでいける素養が身につきます。

卒業生の声

ものづくりの 楽しさも実感できた夢工祭
高校時代いちばんの思い出は、高1の夢工祭でジェットコースターを手づくりしたことです。高低差を利用して動かすもので、教室に収まるサイズ。レールなどもすべて自分たちで作り、完成したときは大感激しました。文化祭当日はお客さんにも大人気で小さな子どもたちも楽しんでくれました。こんな大規模なものに挑戦できるのは、自由度が高い工学院ならではだと思います。また、部活も勉強もしっかりやろうという雰囲気が学校全体に広がっているので、毎日がとても充実していました。将来の夢は建築士になること。使い勝手のよさに特別感をプラスしたステキな家を設計できる建築士を目指します。
工学院大学 建築学部 進学 青木 萌和さん
野球部での活動を通じ 仲間と築いた強い「絆」
3年間硬式野球部に所属し、ピッチャーを務めました。野球部の練習は毎日ハードでしたが、仲間と励ましあいながら頑張ってきました。練習では現状を分析して弱点を克服するためのメニューを考え実践するなど、自分たちで積極的に考え行動することを心がけてきました。そのおかげでチームワークもよくなり、みんなで助け合いながらチームを盛り上げることができました。3年の時はコロナで活動自粛。大事な大会も中止となってしまいましたが、「絆」を合言葉にみんなで乗り切ってきました。数学の先生になりたいと思い明治大学に進学。将来は工学院に教師として戻ってきて、数学を教えながら野球部の指導もするのが目標です。
明治大学 理工学部数学科 進学 渡邊大輝さん