工学院大学附属中学校・高等学校

共通

2020/06/19

6月22日(月)からの通常登校の再開に関して

生徒・保護者各位

工学院大学附属中学校・高等学校
校長 平方邦行


誰がこんな2020年を想像したでしょうか。

各国公私立学校では異例な教育活動が続いてきましたが、工学院大学附属中高では、いよいよ全校生徒が登校できる準備が整いました。

以前からお知らせしていますように、できるだけ3密を回避し、多少の密があっても感染のリスクを回避する方法をとるという事が賢明な選択になるという考えのもとに、無理はせずオンライン授業・保護者会や分散登校を慎重に進めてまいりました。

6月22日(月)より全生徒が登校して、通常の学校生活に徐々に戻るようしてまいります。先ず、マスクを着用して登校します。玄関で体温チェック(サーマルカメラ)を行い手指のアルコール消毒を行った後、各教室に入ります。生徒全員がフェイスシールドを状況に応じて装着し、携行用のスプレーボトルを渡しますので適宜使用していただきます。校舎内を無菌状態にすることは不可能ですから、せめて、生徒各自が清潔を保つことに心掛けていただくことを願っての措置であります。ぜひご理解、ご協力をいただければ幸甚に存じます。

まだまだ新型コロナによる感染が収束したわけではございません。今後の状況によってはイレギュラーな対応を余儀なくされることもあろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。また、今回の休校要請を受けて、本校ではすぐにリアルタイムのオンライン授業に移行いたしましたが、世界が急速にデジタル化する中で私たちの経験は、プラスの要素がたくさんあったと思います。世界基準の教育が大きく変わる可能性を、あらためて感じたしだいです。

通常登校再開についての詳細は下記PDFの通りです。前述のように、感染を防ぐには生徒の皆さんと、そのご家族のご協力が不可欠となります。どうぞよろしくお願いいたします。

6月22日(月)からの授業等のスケジュールについて

  • 6月22日(月)以降は通常登校とし、時間割表通りに6時間(土曜日は4時間)の授業を実施します。(8:45までに登校、6限終了は15:20です)。
  • 初日6月22日(月)の1限はHRとし、これからの学校生活についての説明や、感染防止対策のフェイスシールド・携帯用消毒液などを配布し準備をします。2限~6限は時間割通りの授業を実施します。