工学院大学附属中学校・高等学校

共通

2018/07/03

2019年度入学者より、制服リニューアル!

 2019年度入学者より、工学院大学附属中学校・高等学校は制服をリニューアルします。

 現在男子が着用している制服は、採用から今年でちょうど20年目を迎えます。また、女子の制服は本校が共学化となった2002年から17年目となります。
 本校は2013年度からいち早く21世紀型教育を導入し教育改革に取り組んできました。その基盤づくりとして中学校では2015年度からハイブリッド3クラス(特進・特進理数・インターナショナル)がスタートし、2018年度高校でも新たにハイブリッド4コース(インターナショナル・サイエンス・文理・文理先進)体制が始動しました。本校の新しいプログラムが整い、更に深化させていく今、男子の制服20年を節目として「イノベーション」「グローバル」「スマート」という3つのキーワードをもとに、工学院大学附属中学校・高等学校は制服を一新します。

 新制服はブリティッシュスタイルで、ブルーグレーの落ち着いたブレザーを採用しました。男子のパンツはグレーベースのチェック柄、女子のスカートはスコットランドのロキャロン社デザインのタータンチェックで、パープルがベースです。ネクタイ・リボンはストライプ柄で、中学はワインレッドを、高校は紺を基調にしています。
 夏服には白のシャツ、ブラウスか紺のポロシャツが選べます。ポロシャツは機能性に優れ、夏のじめじめした季節でもさらっとした肌触りが特徴です。オプションとしては冬服ではチャコールグレーのセーター、夏服では白のセーターとベストを用意しています。また女子用のパンツスタイルも現在制作中です。
中学校新制服
高等学校新制服

POINT 1:世界で通用するデザイン

洋装の源流ブリティッシュスタイルを取り入れたデザイン。
ブレザーは縦と横で違う色を掛け合わせて織ったシャンブレ—素材で、深みがあり高級感のある表面感が特徴です。
スカートはスコットランドのタータンチェックメーカーロキャロン社が手掛けたタータンチェックを採用。
上衣、スカートともに本物志向のデザインとなっています。

POINT 2:メンテナンスのしやすい機能性

ご家庭の洗濯機で丸洗いが可能です。
また、撥水加工・抗菌裏地を使用しており、いつまでも清潔に着用できます。