工学院大学附属中学校・高等学校

高校ハイブリッドサイエンスコース(医歯薬理工)

理系スペシャリストを養成するコースです。

理科や数学が好きで得意な生徒を、理系スペシャリストに導くことが目標です。そのために、理数系科目を手厚く学ぶカリキュラムでハイグレードな学力を目指します。加えて、実社会で活躍する医師・研究者・エンジニアの方々の話を聴いたり、国内外の医療系大学の視察をおこなったりして、さまざまな視点から先端技術・工学・医療を考える機会を設け、科学に携わる者に必須の資質を育成します。

高大連携を生かした魅力ある学び

理系の学習者にとって、より進んだ段階の科学のありかたを知ることや、ピンポイントでも深く探究してみることが将来への糧となり、強力な動機付けともなります。本校は大学が隣接している有利さを生かし、大学と連携し、大学施設も活用して、学ぶ意欲が湧く学習機会を用意し、環境づくりをしています。今後は、他の医系・理工系大学との連携も積極的に進めていくことを計画しています。

3年計画で理系の進路希望を実現する

3年間を計画的に過ごして、理系の志望校への進学をめざします。漠然と「理系」のままにしておかず、1年で医学部、歯学部、薬学部、難関大学理工系学部など、明確な専門分野の目標を設定します。そして2年までの間に理系教科のほとんどの学習を完了し、さらに難関大の入試問題なども扱っていきます。3年では、既習内容の理解度を深めつつ、実践的な演習授業に取り組んで入試に備えます。