中学Creativity入試

※入試情報は詳細が決定次第掲載いたします。

Creativity入試を実施しています

2020年から⾼⼤接続改⾰による「⼤学⼊学共通テスト」がスタートし、2024年に本格実施となります。今の⼩学校5年⽣以下がその対象となります。現状では、⾃由度の⾼い思考⼒によって論述式・記述式で解決する正解のない問題をどの程度出題するかどうか議論されています。解答形式やCBTといったICT技術を駆使するという意味でその景⾊は今まで⾒たことのないビジョンが広がっていると思いますが、それ以上にAI(⼈⼯知能)の加速度的進化が、よりいっそう⼈間の創造⼒を重視する学びの時代に突⼊することになるでしょう。
従来の知識・技能を正確に速く引き出せる能⼒を、初等中等教育で鍛えていればよいという時代は終わり、論理的、批判的、創造的な思考⼒が重視されるようになるのです。しかし具体的な創造的思考⼒育成のためのカリキュラムマネジメントやプログラム、コーチとしての教師育成などのデサインは、各学校に任されています。
2015年にハイブリッド3クラス体制をスタートした本校はいち早くその準備をしてきました。その最重要な準備は、思考コードを開発し、それに基づいたPBL型授業のダイナミックな展開です。この創造的思考⼒を育成する基盤に、STEAM教育をベースにした創造的才能教育ができるプログラムの開発に着⼿し、中学ではリベラルアーツを中⼼とした学びを⾏い、⾼校に進むときに創造的才能教育を実施する、新しいコースを開設する準備も行っています。(新コースの開設は2020年度以降を予定)
このカリキュラムポリシーとディプロマポリシーに基づいて、新しいアドミッションポリシーとして、『Creativity入試』を実施しています。

入試に関するお問い合わせ

工学院大学附属中学・高等学校 入試広報部
〒192-0015 東京都八王子市中野町2647-2

受付時間:午前9:00~16:30
※開室日・受付時間は変更になることがあります。