工学院大学附属中学校・高等学校

図書館

読書はもちろん、自習室や調べ学習の拠点として、生徒のさまざまな「学び」を支えています。

図書館の蔵書は、特に自然科学の本が多く、天文台がある関係で宇宙に関する蔵書も多いです。また、読書好きの生徒が多いので、最近は生徒たちのリクエストによる文学作品も数多く所蔵しています。また、放課後は、読書利用の他、1階は学習室、2階はチューターが来て勉強を教えるなど、学習の場としても利用されています。

生徒たちの自主活動による図書委員会も、とても活発で様々な取り組みを行っています。今後も新しい活動にも、いろいろ挑戦していきたいと思っています。

図書館の概要

開館

時間 平 日 9:00~18:00、土曜日 9:00~16:30

蔵書

図書 31,030冊 (2013年3月31日現在)
新聞 朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞、東京新聞、週刊ST(英字新聞)
雑誌 定期購読40タイトル
 

貸出

冊数 10冊
期間 2週間 ※ただし、長期休みは別途設定                 
 

図書委員会

工学院大学附属中学高等学校図書委員会は、図書館を広くアピールし、数多くの生徒教職員に快適に利用してもらえることを目的として活動しています。

活動内容

1.定例委員会の開催
 
毎週木曜日の昼休みに定例の図書委員会を開き、活動の起点としています。その他にも各イベントのミーティングを随時行ったり、放課後にイベントの準備作業に取り組んだりしています。

2.図書新聞の発行
 
図書新聞を発行し、生徒教員の個々が薦める図書等の紹介を行っています。
3.館内の装飾
 
図書館内にポスター、紹介ポップなど設置し、本の紹介と館内の装飾をし、親しみある環境作りを心掛けています。
4.感想文集制作
 
各自が書いたお薦めの本の感想文をまとめ、一冊の感想文集として発行しました。
5.親しみある図書館づくり
 
図書館マスコットキャラクターを登用し、親しみある図書館を目指しています。
6.図書館業務
 
カウンター業務、蔵書整理と除籍作業を行い、図書館運営を補佐しています。