工学院大学附属中学校・高等学校

高校英語教育の特徴

CEFRのC1英語を目指します

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages:ヨーロッパ言語共通参照枠)は、言語の枠や国境を越えて、異なる試験を相互に比較することが出来る国際標準です。欧州評議会によって20 年以上にわたる研究と実証実験の末に開発され、2001年に公開されました。現在では38言語で参照枠が提供されています。またCEFRは言語資格を承認する根拠にもなるため、国境や言語の枠を越えて、教育や就労の流動性を促進することにも役立っています。
CEFRは外国語の熟達度をA1、A2、B1、B2、C1、C2の 6段階に分けて説明しています。CEFRの等級は、その言語を使って「具体的に何ができるか」という形で言語力を表す「can-do descriptor」を用いて分かりやすく示しています。
このCEFRの能力別熟達度をみると、グローバル社会で世界中の人々と対等にコミュニケーションをとるにはB2~C2レベルの英語力が必要なことがわかります。C1レベルの英語力とは例えば英検で言えば1級です。

4技能の育成を図り、大学入試改革に対応した英語力を習得

中学3年生の皆さんが大学受験を迎える2020年度から、現行の大学入試センター試験に代わり「大学入学共通テスト」が実施されます。英語では「読む・聞く」の2技能を測定するマークシート型の共通テストとともに、実用英語技能検定(英検)などの民間試験を活用し、「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測る試験が行われ、CEFRの基準に沿った段階別評価が行われるようになります。
実は大学入試における民間試験の活用は「外部検定利用型入試(=外検入試)」などと呼ばれてすでに多くの大学で行われています。民間試験の級やスコアが出願条件になったり、みなし満点や点数加点になったりと、基準や扱いは大学によってさまざまですが、外検入試を導入する大学の数は毎年増え続けています。
工学院では「読む、聞く、話す、書く」の4技能をしっかり身に着け、それを大学入試にも活用していけるようさまざまな取り組みを行っています。

native&日本人によるTeam Teaching

本校では専任、講師、ALT合わせて10人のnative speakerが指導に当たっています。学年によっても異なりますが、週6時間ある授業のうち1~2時間はnativeと日本人によるTeam Teachingで授業が行われます。
今年度は高1では「スピーキング」、高2では「ライティング」を中心とした授業を展開しています。トピックやテーマについてブレインストーミングを行い、内容を徐々に具体化しながら、構成を考え、スピーチやプレゼンテーション、エッセイを仕上げていきます。英検やTEAPなどの民間試験でもライティングやスピーキングの試験が導入されており、その対策としても有効です。
高3では大学受験を念頭に置いたライティングの授業を希望者が受講。エッセイライティングのトレーニングを重ねることで、国公立大学や難関私大で出題される英作文にも備えます。
nativeの先生方は何よりも生徒とのコミュニケーションを重視。普段からnativeの先生たちと接することで、生徒たちは自然とリスニング力やスピーキング力が鍛えられます。
残りの授業は日本人の教員が担当。PBL(課題解決型授業)、PIL(対話型授業)といったアクティブラーニングの形態で、文法など基礎基本の徹底を図りながら4技能を活用した授業を行い、大学入試にも対応できる英語力を身に着けます。

全校統一テストで「学習する」雰囲気が定着

英語力を向上させるためには、単語やイディオム(=熟語)の習得も不可欠です。工学院では授業やホームルームの時間などを活用して、定期的に単語や熟語の小テストを行い、語彙力の増強に努めています。
また全校統一テストも年に3回実施。高1から高3までの全生徒が同じ問題で実力を競い合います。今年度は「Next Stage」を活用したイディオムの100問テストに挑戦。6月に実施した第1回テストでは3年生はもちろん、入学してまだ2ヶ月の1年生にも100点満点を獲得した生徒がいました。第2回目は9月に行われます。次回も期待大です。

多読ルーム

図書館に多読ルームを設置。洋書をはじめ英語で書かれた本がたくさんあります。レベルも易しいものから難しいものまでさまざまです。易しい本からスタートし、たくさんの本に触れることが速読力や読解力のアップにつながります。CD付きの本も多いので、音読やリスニングのトレーニングも可能です。

検定試験を活用した実力の向上

工学院では各種英語検定試験の積極的な受験を奨励しています。英検は本校も準会場となっているため、生徒には受験しやすい環境となっており、最低でも年1回は英検を受けるよう促しています。また東京都私学財団の補助金を活用したTEAPの無償受験も実現。今年度10月の試験では高2・3年あわせて約200名の生徒が試験に挑みます。
文科省は英検準2級レベルの英語力習得を高卒時点の指標の一つとしています。同省によると高3生の英検準2級以上取得者は13.0%、準2級相当の英語力を有すると思われる生徒の割合は23.5%となっています。本校生徒は高2の時点ですでに合格者数が全国平均を上回っています。今後はさらに外検入試でもチャンスが広がる2級や準1級そして1級の合格を目指します。