工学院大学附属中学校・高等学校

高校ハイブリッドサイエンスコース(医歯薬理工)(仮称)

理系スペシャリストの養成に特化したプログラム

本コースでは、1年次から医学部、歯学部、薬学部、難関大学理工系学部といった明確な目標設定を行い、2年次までに理系教科のほとんどを網羅するカリキュラムで受験に備えます。早い段階から授業で難関大学の入試問題などを扱い、3年次では大学受験へ向け実践的な演習授業を行います。医学系・自然科学系の論文を読む機会も設定し、専門分野に対する問題意識の向上を図ります。

国際的な医師や研究者としての資質を育成

実社会で活躍する医師や研究者、エンジニアといった方々の講演のほか、ハンガリー医科大学をはじめとするヨーロッパの医療系大学の視察など、グローバルな視点で医療を考える機会を設け、医師や研究者として必要な資質を育成します。また工学院大学の附属校として隣接する大学の施設設備も最大限活用し、大学の先生からアドバイスを受けることも可能。今後他の医系・理工系大学との連携も進めていく計画です。

高大連携を活かし、主体的に学ぶ姿勢を育てます。

予測不能な社会で活躍できる人材となるためには、知識の蓄積はもちろん幅広い視野と洞察力が必要不可欠です。そのために常に未来をみつめながら、大学との連携を最大限に活かし、主体的な学びの姿勢を育む授業を展開していきます。そのような3年間を通して国内外の理系大学への進学を可能にする実力を身につけます。