工学院大学附属中学校・高等学校

高校ハイブリッド文理先進コース(仮称)・ハイブリッド文理コース(仮称)

なりたい自分を見つけられるリベラルアーツなコース

1年次は主要5教科と技能教科の幅広い分野についてバランスよく、かつ、基礎を徹底的に学びながら自分の適性を見出し、その中で将来の目標を設定していきます。ICTも活用しての客観的なデータや、蓄積してきた経験に基づきながら、親身になって教員もそのサポートをしていきます。知識を深めていくと同時に、授業や行事など様々な学びの場を通じて、思考力、課題発見解決能力、コミュニケーション能力などを磨いていきます。また、HTMLなどのプログラミングの基礎も学び、未来を切り拓く力を養います。

国公立大学や有名私立大学の合格をめざす

2年次からは理系、文系に分かれ、理系は英語・数学・理科、文系は英語・国語・歴史を中心に応用力の強化を図ります。そして、3年次には大学入試に向けた演習を多く取り入れ、第1志望校の合格へ向けて、クラスで高い目標を掲げながら取り組んでいきます。3年後にはこれまでの知識偏重型の大学入試が大きく変わることが予定されていますが、本校で入学時から磨いていく思考力などを生かし、新しい大学入試制度にも余裕を持って対応できます。

未来を切り拓く力を養い進路目標の実現を目指します。

文系にも理系にも対応したコースです。附属校として工学院大学への進学はもちろん、生徒一人一人が掲げる多様な進路目標を実現できるようバックアップをしていきます。
この2つのコースで履修する教科・科目はほぼ同じですが、従来の文理特進コース、文理普通コースのカリキュラムを基に、新しい大学入試制度にも対応できるよう、各コースのレベルに合った授業を展開します。