工学院大学附属中学校・高等学校

グローバル教育

多彩な国際交流プログラムのもと、さまざまな発見と感動に満ちあふれた体験が自分の可能性を広げ、
自分の能力を世の中の人々のために使いたいというマインドを持つ生徒を育てます。

MoG(Misson on the Ground)

アジア新興諸国をはじめ世界各地で社会事業家の方が抱えている経営課題の解決に挑む実践型の教育プロジェクトをMoGと呼んでいます。2015年12月にインドネシアのチサロパ村を訪問し、現地の社会起業家と村のごみ問題を解決させるプロジェクトに取り組みました。また、2017年3月にはベトナム・ハノイで孤児や障がい児の未来を作る新規商品を開発するプログラムとフィリピン・マニラで新しいオーガニック商品を開発し原材料生産者の収入を向上させるプログラムの2つを実施しました。
出発前に日本国内で事前トレーニングを実施し、講義やワークショップを通して、グローバル時代の活躍に不可欠な「思考力」や「アイデアを形にして実行する力」を総合的に身に付けていきます。現地では、「提案」のみの机上のコンサルティングにとどまらず、提案した戦術を「自ら遂行する」ことで、事業の立案から現場での実践までのビジネスの流れをひととおり経験します。

オーストラリア異文化体験研修(中学3年)

中学3年生の夏休みを利用して、オーストラリアのアデレードで3週間の異文化体験研修を実施しています。原則全員が参加し、ホームステイしながら現地の学校に通います。午前中は工学院生用の英語レッスンを受け、午後は現地校の授業を受けたり、動物と触れ合ったり、アクティビティに参加することもあります。英語力を磨くことはもちろん、現地での暮らしを通して、文化や生活様式の違い、人間関係の在り方など、実に多くのことを肌で感じる機会となっています。

3ヶ月留学(高校1・2年)

高校1・2年生の希望者を対象に、3ヶ月間の短期海外留学を行っています。昨年度はオーストラリアのブリスベンとアデレードで実施しました。5日間の語学研修の後、ホームステイをしながら提携校で現地の生徒と同じ授業を受けます。本校独自に開発したプログラムのため、現地校との連携を密に行っています。参加者には東京都から補助金が支給され、留学の後押しになっています。今後さらに6~12か月の留学も構想中です。

短期海外研修

夏休みを利用して、希望者を対象に2~3週間程度の短期海外研修を行っています。
セブ島の英語研修では、毎日8時間程度の集中授業が行われます。フィリピン人の先生とのマンツーマンレッスンで英語力を徹底的に鍛えます。マルタ島短期留学ではホームステイをしながら、午前中は語学学校で英語のレッスンを受け、午後はさまざまなアクティビティを体験し異文化を学びます。大切なのは飛び込んでみる勇気です。その経験がその後の成長につながります。(短期海外研修の内容は年度により変更することがあります。)