工学院大学附属中学校・高等学校

共通進路指導

国際社会に必要な力を磨きます

本校では日本の大学への進学はもちろんのこと、海外大学への進学も視野に入れたグローバル進学指導を行っております。さまざまな進路行事や海外研修などを通じて、生徒たちにはこれからの国際社会で必要とされる力とは何なのかを肌で感じ、現在の自分が何をすべ きなのかを考え、日々の学びを深めていってほしいと思っています。大学への進学はもちろん、その先の自分の将来を見定め、社会で活躍する姿を思い描きながら主体的に自分を磨くことができるようにサポートするのが進路指導部の役目だと考えています。

3年間の流れ

進路サポート体制

学習到達度を常時確認

全国規模の模擬試験を定期的に実施します。学習の理解度や全国での自分の位置を早期から意識するように指導します。また、模擬試験の成績はデータ管理され、面談指導などに活用しています。

自己理解で目標を明確化

将来の目標をはっきりと認識させるため、 職業・学問適性検査や自己理解検査を実施します。さらに、さまざまな分野で活躍する方の話を生で聞く機会を設けています。

進路相談室

担当教員による個別指導により、生徒一人ひとりへ親身な助言を行っています。また、校外での模擬試験受付や講習会の紹介など、高い目標に向かって努力する生徒を全力で応援します。

基礎から難関大学を意識したものまで多様な講座を設置

夏休みには全学年で夏期講習を実施します。本校の教員が担当し、基礎を固めるものから難関大学を意識したものまで多様な講座を設置し、短期集中特訓を行います。長期休暇中も仲間や先生と共に勉強することで、第1志望を決してあきらめない進路指導につなげます。

進路の実績