工学院大学附属中学校・高等学校

共通帰国生のみなさまへ

工学院大学附属中学校・高等学校は帰国生を歓迎します

工学院は21世紀型教育(GIL)に挑戦し、グローバル人材を輩出します。そのために帰国生は欠かすことの出来ない存在です。Gは「グローバル」Iは「イノベーション」そして、Lは「リベラルアーツ」ですが、この3つを1つの軸にして帰国生の教育を組み立てて行きます。近年、急速に進むグローバル化の中で、海外生活の体験を持った小中高生は貴重であり、世界水準の教育を受けてきた経験は、同世代の日本の生徒たちに刺激を与えることにもなります。特に日本の先行きは不透明感が漂っていますが、それを打破できる一番近い存在が帰国生かもしれません。私たちはグローバルな時代の変化に「挑戦」し、更に変化を「創造」し、それを通して社会や世界に「貢献」して行きます。

2018年度 帰国生入学試験概要

インターネット出願になりました。

転・編入試験

帰国生対象に編入試験(2017年7月10日、2017年12月3日、2018年3月9日)を予定しています。
募集要項は、実施1ヶ月程度前に本ホームページに掲載いたします。
なお、上記の日程の受験が難しい場合はご相談ください。
(TEL.042-628-4914、 e-mail:nyushi@js.kogakuin.ac.jp

入試に関するお問い合わせ

工学院大学附属中学・高等学校 入試広報部
〒192-0015 八王子市中野町2647-2

受付時間:午前9:00~16:30
※開室日・受付時間は変更になることがあります。