工学院大学附属中学校・高等学校

中学思考力テスト

コンセプト

思考力テストでは、与えられた情報の中で、課題の解決に必要な内容を取捨選択して、整理・分析、さらにそれらをまとめて表現する過程をみていきます。その過程では、課題の解決に必要な内容を的確に選別しているか、またそれらを自分の「問い」としてとらえ、整理・分析できるかがポイントになります。まとめの部分では、集めた情報を適切に生かし、自分の考えを相手にわかりやすく、かつ論理的にまとめる事ができるかが求められます。
 
2016年度入試からは、より深く課題に取り組みじっくり考えるために、試験時間を90分にしています。従来型の資料やデータから課題を解くテストに加え、図書館を使った図書館入試、レゴを使ったレゴ入試も行っています。図書館入試では、それぞれのテーマに応じて、実際に図書館の資料を使って一枚レポートを作成してもらいました。また、レゴ入試では、レゴを使って地図の面積を算出したり、与えられたテーマを表現したりする問題を出題しました。
 
どの課題も、与えられたテーマに対し、使って良いツールと自身の知識や感性を使って取り組むことが求められます。またここで大事にしたいことは、解答に至るまでのプロセスも見るということです。答えに至るまでのプロセスもまた、きちんと評価していくことが思考力テストの特徴です。

思考力体験セミナー

思考力テストの受験を考える力や興味がある方は、思考力体験セミナーに1度参加することをお勧めします。
○実施予定(2018年度入試用)

7月1日(土) 10:00~
9月9日(土) 10:00~
10月28日(土) 10:00~
11月23日(木) 10:00~(入試本番模擬体験)
1月13日(土) 14:00~

全ての学校説明会と同時開催で予約制となります。

入試に関するお問い合わせ

工学院大学附属中学・高等学校 入試広報部
〒192-0015 東京都八王子市中野町2647-2

受付時間:午前9:00~16:30
※開室日・受付時間は変更になることがあります。